石巻市芸術文化振興財団は、石巻市における芸術文化の普及振興を目的とした事業を行っている公益財団法人です。また、石巻市河北総合センタービッグバン及び石巻市遊楽館の指定管理者として、両施設の管理運営を行っております。

公益財団法人石巻市芸術文化振興財団 個人情報保護規程

第1条(目 的)

この規程は、公益財団法人石巻市芸術文化振興財団(以下「財団」という。)が保有する個人情報の適正な取扱いの確保その他個人情報の保護に関し必要な事項を定めることにより、個人の権利利益を保護することを目的とする。

第2条(定 義)

    この規程において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
  1. 個人情報とは、個人に関する情報であって、特定の個人が識別され、又は識別され得るものをいう。
  2. 文書等とは、財団の職員が職務上作成し、又は取得した文書、図面、写真、フィルム及び電磁的記録(電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式で作られた記録をいう。)であって、財団の職員が組織的に用いるものとして、財団が保有しているものをいう。ただし、官報、公報、白書、新聞、雑誌、書籍その他不特定多数の者に販売することを目的として発行されるものを除く。

第3条(財団等の責務)

財団は、この規程の目的を達成するため、個人情報の保護に関し必要な措置を講じなければならない。

2 財団の役員、評議員及び職員は、職務上知り得た個人情報をみだりに他人に知らせ、又は不当な目的に使用してはならない。その職を退いた後も、同様とする。

第4条(収集の制限)

財団は、個人情報を収集するときは、あらかじめ当該個人情報を取り扱う目的を明確にし、当該目的を達成するために必要な範囲内で、本人から直接収集しなければならない。

    2 前項の規定にかかわらず、財団は、次の各号のいずれかに該当するときは、個人情報を本人以外の者から収集することができる。
  1. 本人の同意があるとき。
  2. 法令等に定めがあるとき。
  3. 個人の生命、身体又は財産の安全を確保するため、緊急かつやむを得ないと認められるとき。
  4. 出版、報道等により公にされているとき。
  5. 国の機関又は地方公共団体から収集することが、職務の執行上やむを得ないと認められるとき。

第5条(利用及び提供の制限)

財団は、収集する目的の範囲を超えた個人情報の利用(以下「目的外利用」という。)をしてはならない。

2 財団は、財団以外の者への個人情報の提供(以下「外部提供」という。)をしてはならない。

    3 前2項の規定にかかわらず、財団は、次の各号のいずれかに該当するときは、目的外利用又は外部提供をすることができる。
  1. 本人の同意があるとき。
  2. 法令等に定めがあるとき。
  3. 個人の生命、身体又は財産の安全を確保するため、緊急かつやむを得ないと認められるとき。
  4. 出版、報道等により公にされているとき。
  5. 石巻市からの指示又は石巻市の承認があったとき。

第6条(オンライン結合の制限)

財団は、個人情報を処理するため、その管理する電子計算組織と財団以外の者が管理する電子計算組織とを通信回線を用いて結合してはならない。ただし、石巻市からの指示又は石巻市の承認があったときは、この限りでない。

第7条(適正管理)

財団は、個人情報を取り扱う事務の目的を達成するため、個人情報を正確かつ最新の状態に保つよう維持管理しなければならない。

2 財団は、個人情報の漏えい、改ざん、滅失及びき損の防止その他個人情報の適正な管理のために必要な措置を講じなければならない。

3 財団は、保有する必要がなくなった個人情報については、速やかに消去し、又はこれを記録した文書等を破棄しなければならない。ただし、歴史的資料として保有されるものについては、この限りでない。

第8条(苦情の処理)

財団は、個人情報の取扱いに関する苦情について、迅速かつ適切に処理するよう努めなければならない。

第9条(補 則)

この規程の実施に関し必要な事項は、理事長が別に定める。

附 則

この規程は、平成25年4月1日から施行する。

メールアドレス